Tickets to 20xx year, it is bitcoin

20XX年、仮想通貨は・・・

Windows環境でMac OS Xのリカバリーメディア(USBメモリ)を作成する

f:id:gaming20xx:20180402150126p:plain

Windows環境しかない状況でMacOSのBootメディアを作製したのでメモ

 自身のAppleIDでログインしたことのないMacbookPROをクリーンインストールする際にどハマりしたので状況と解決方法をメモしておきます。

command + Rで再インストールしてみる

CammandキーとRキーを同時押しして起動しMacOSユーティリティーから再インストールを試みて見ました。

これで再インストールができれば何も問題はないのですが、OSをダウンロードする前のAppleIDログインで弾かれてしまいました

その時のエラーメッセージが

このアイテムは現在一時的にご利用になれません。しばらくしてから、もう一度お試しください

でした。

 

エラーメッセージでググってみるとどうやら一時的に利用できないのではなく、一度もAppStoreなどからOSを落としていないAppleIDではOSをダウンロードする権限がないため弾かれているようで、インターネットから再インストールはできませんでした。

(Comman+Option+RキーでLinonからインストールならAppleIDを要求されないといった情報もありましたが、僕の環境では同じエラーメッセージで弾かれました。)

 

インターネットリカバリーができないのでリカバリーメディアが必要

リカバリーメディアからなら(Mac付属のディスクやUSBメモリ)AppleIDの入力が求められずインストールができるようなのでリカバリーメディアが必要になりました、が、手元にないです。

リカバリー用のUSBメディアを作成する必要が出てきましたが、MacのOS配布はMacからアクセスするAppStoreにある上にリカバリーメディアの作成はMac上でやるようなので、手元にOSのないMacBookしかない状態では詰みました。

 

 

Windows環境下でMacOSのインストールメディアを作成する

 一応もう一台Macは手に入るのでそれまで放置(orヤフオクでインストールメディアを買う)しておこうと思いましたが、調べてみるとWindows上でMacOSのboot可能なインストールメディアを作成できるソフトを見つけたので挑戦して見ました。

必要な物は

    • 8GB以上のUSBメモリ
キングストン Kingston USBメモリ 16GB USB3.0 DataTraveler 100 G3 DT100G3/16GB 5年保証
キングストンテクノロジー (2013-06-09)
売り上げランキング: 131
  • OSの.dmgファイル、今回はEl Capitanを使用しました。(Windowsしか無い場合は、知り合いのマカーに落としてもらって送ってもらうかインターネットの海から拾ってくるなりしてください)
  • TransMac

www.acutesystems.com

TransMacをインストールしたらUSBメモリを挿してMacの形式でフォーマットします。

TransMac上でUSBメモリが認識されていれば右クリックのメニューから”Format Disk for Mac”を選択すればMac形式でフォーマットされます。

フォーマットが完了したら再度右クリックのメニューから”Restore with Disk Image”を選択し、リカバリーメディアを作成したいOSのdmgファイルを選択すればUSBメモリに書き込めます。

あとはMacにUSBメモリを挿して起動し、USBbootからインストールができれば作成成功です。(OSが無いのでそのままUSBから起動しましたが、起動ドライブ選択時はOptionキーを押したまま起動かな?)

 

これでWindows環境しか無い状況でのMacOSインストールメディア作成&再インストールができました。