The Gadget

"The Times 03/Jan/2009 Chancellor on brink of second bailout for bank"

MMDモデル(.pmx)をXCODE(IOS)で扱うためにCOLLADA(.dae)ファイルへ変換した。

f:id:gaming20xx:20180611134532j:plain

10年の歴史を持つ膨大なMMDモデルをXcodeで利用するためにBlenderを利用して.daeに変換しました。

 

必要なもの

MMDファイル

今回は2018年なのでキズナアイ様のモデルをお借りしました

download-page – Kizuna AI Official Website

Blender

www.blender.org

mmdtools

github.com

 

BlenderへMMDモデル(.pmx)をインポート

BlenderはデフォルトでMMDモデルを扱えないのでアドオンを追加して、扱える状態にする必要があります。

Blenderへmmd_toolsを追加

mmdtoolsをダウンロードして解凍したらBlenderへ追加します。

追加の方法はBlenderがインストールされているフォルダを開き、Blenderを福クリック(右クリック)してパッケージ内容を表示(Show package  content)します。

f:id:gaming20xx:20180611130327p:plain

package内容を開いたらContents>Resources>2.79(筆者環境)>scripts>addons へ移動し、mmotoolsを置きます。

f:id:gaming20xx:20180611130547p:plain

これでアドオンの追加ができました。

アドオンが追加できたらBlenderを起動してファイル>ユーザー設定からアドオンを有効化します。

f:id:gaming20xx:20180611131634p:plain

f:id:gaming20xx:20180611131652p:plain

 

有効化できたらMMDモデルが読み込めます。

読み込む前にデフォルトで配置されている四角い箱を選択してxキーを押し、削除しておきましょう。

f:id:gaming20xx:20180611131829p:plain

 

アドオンが追加できていると左のサイドバーにあるタブにmmd_toolsあるはずなので選択し、ImportMMDを選択してpmxファイルを読み込みます。

f:id:gaming20xx:20180611132015p:plain

 

読み込めました。

f:id:gaming20xx:20180611132048p:plain

 

下のバーの球体のアイコンからマテリアルを選択しましょう。

f:id:gaming20xx:20180611132208p:plain

 

かわいいキズナアイちゃんです!

f:id:gaming20xx:20180611132231p:plain

 

これでExportする準備はできたのでExportします。

キズナアイちゃん(MMDモデル)を副クリック(右クリック)して選択して、ファイル>エクスポートからColladaを選択します。

モデルを選択し忘れると空のdaeが出力されるので気をつけましょう。

f:id:gaming20xx:20180611133156p:plain

エクスポート先とオプションを設定できる画面へ移行するので、左のサイドバーを下記画像のように設定してエクスポートします。

f:id:gaming20xx:20180611133538p:plain

f:id:gaming20xx:20180611133549p:plain

これでMMDモデル(pmx)をdaeで書き出し、IOSで扱えるようになりました!

f:id:gaming20xx:20180611135103p:plain

 

ARkitなどで使って見ましょう。お疲れ様でした。