The Gadget

"The Times 03/Jan/2009 Chancellor on brink of second bailout for bank"

「たいていのことは20時間で習得できる」を読んだけど大事なことが書かれてない

f:id:gaming20xx:20180705125458p:plain

たいていのことは20時間で習得できる 忙しい人のための超速スキル獲得術
という本を何も考えず買った
読み進めてすぐ,この話聞いたことがあるな?と思って著者名を見たのだが僕はこの人のTEDを見たことがあった.
本の序盤に書かれていることはこの動画ですべて語られているので見てみよう.

 必要なのに書かれてないメソッド

動画でウクレレを取り出したジョシュ・カウフマンはこう語っていた.

曲の弾き方を知るためにネット上のデータベースや曲集を見ることでした.
それによると−ウクレレでは一度に複数の弦を鳴らすことでコードが弾けてカッコイイ
そして曲を見始めました.
ウクレレのコード集を持っているのですが,コードが何百もあって怯みました.
しかし曲を見てみると,同じコードばかりが繰り返し現れます.
分かったのはウクレレも他のことと同様でわずかな数の非常に重要なことがあり,それをしょっちゅう使うということです.
たいていの曲はコードを4つか5つかしか使わないんです.
 

 fmfm...20時間である程度取得するためには”わずかな数の非常に重要なこと”を見つけることなんだな...

ん?それってどうやって見つけるの?

著者は勉強オタク

じゃあ本を開いてみよう.本を開くとこんなことが書いてある

 超速スキル獲得法とは,習得したいスキルをできるだけ小さなパーツに分解し,そのうち特に重要なものを見極め,まずそれを意識的に練習するというプロセスである. 

fmfm...

  20分かけてウェブ、書店、地元の図書館でスキルに関連のある本や資料 を探そう。自分が習得しようとしているスキルと関連がありそうな本、レッスン DVD などの資料を少なくとも 3 点見つけるのが目標 だ。   心配 しなくていい。 資料を覚えるのに何時間も費やす必要はないのだから。 むしろ本を読んだりDVDを観たりする時間は、練習に使えなくなる。

 著者が言いたいことはわかった.重要なポイントを見つけ出して,重点的に学べばいい.

しかしスキルについての資料から重要なポイントを見つけられる人はなかなかいないのでは?

著者は学習オタクなので,後天的に重要なポイントを見つけられる能力が身についた,か,もともとセンスがあったのだと思う.

その能力がない僕たちは「カメラを始めよう」→「このカメラはこういう物で・・・このレンズはこういう映りをして・・・」のようにカメラについて,カメラ機材について詳しくなっても構図やテクニックを取得していないので,カメラ”機材”オタクができあがりがち,写真はあまり上手くなってない.

学習の方向を正しく取得する方法を書いてほしい.

しかも読み進めるとまじでヨガの解説が始まる.

f:id:gaming20xx:20180705131827j:plain

おい,俺はヨガの本を買った覚えはないぞ