The Bitcoiner

明日くたばるかも知れない-だから今すぐ振り絞る-只-伝わるものならば-僕に後悔はない

macでDual ISO処理 magiclantern cr2hdr

f:id:gaming20xx:20180709192446p:plain

Dual ISOで撮影した写真を処理しました.

参考

Dual ISO - massive dynamic range improvement (dual_iso.mo)

http://acoutts.com/a1ex/dual_iso.pdf

DualISO 処理ツール cr2hdr を mac で使う.

01 | September | 2013 | Syoyo Fujita's Blog

 Dual ISO撮影

Canonのカメラ(今回は5d3)ではmagiclenternというカスタムファームをインストールし,機能を拡張することができます.今回はDual ISOで撮影し,処理してみました.

f:id:gaming20xx:20180709191657j:plain

カメラの設定でAvモードなど,ISO感度を設定できるモードにすれば,magiclanternの設定を呼び出して,Dual ISOモードにすることができます.

 

撮影したデータです.

f:id:gaming20xx:20180709175143p:plain

 

拡大するとラインごとに異なる感度になっているので処理します.

f:id:gaming20xx:20180709192446p:plain

 

cr2hdrで処理

magiclanternをcloneしてきます.

github.com

 

MagicLantern の C コードは gcc を前提にしていくつか gcc 固有の拡張が入っているので(Apple gcc(clang) ではコンパイルエラーになる), brew で gcc 5 あたりをインストールしておきます.

 と先駆者様のQiita*1に記述されていたのでgcc7をインストールしました.

www.bitcoin20xx.xyz

しかしこんなことがコンパイルであった.と友人に話したところ,友人がApple gccのままコンパイルし,コンパイルできていたのでそのままでも大丈夫かも(?)

(Apple LLVM version 9.1.0 )

Makefile.user.default で PYTHON のパスを設定しなおします.

と書かれているのでwhich pythonして出てきたpathをMakefile.user.defaultの中のPython = の右辺にコピペしておきました.

module/dual_isoへ移動し,

$ make cr2hdr

でコンパイルします.

依存ツールのインストール

Homebrewで依存ツールをインストールします.

$ brew install exiftool

$ brew install dcraw

実行

module/dual_isoで

$ ./cr2hdr huga.CR2

引数huga.CR2はrawデータを指定,キャノンなので.CR2

無事,DNGが出力されました.

f:id:gaming20xx:20180709194517p:plain

現像

f:id:gaming20xx:20180709194705j:plain