The Gadget

"The Times 03/Jan/2009 Chancellor on brink of second bailout for bank"

Intel CPU Core i7-8700K Z370 AMDGPUでHackintoshする夢の話

f:id:gaming20xx:20180804233933p:plain

僕は8700kの自作マシンでMac OS X High Sierraを動かす,そんな夢を見たんだ...(お約束)

 

f:id:gaming20xx:20180804234130p:plain

Hackintoshの導入,起動の手法については日本語の解説ブログも充実しているので省きます.マシン構成と動作報告(夢の中),それと細かな設定を記載しておきます.

なぜ,私はmacOSをHackintoshにしますか?

(自動翻訳風見出し)

余談ですがHackintoshを作る(夢の中で,妄想の世界)する理由について,macOSの完成度やラップトップのハードウェアは素晴らしいですが,デスクトップマシンに限ってはmacminiもmacpro(黒いゴミ箱のやつ)ハードウェアのアップデートが何年もされない上に,macminiはモバイルプロセッサ,macpro(黒いゴミ箱のやつ)はxeonとデスクトップ向けメインストリームの選択肢は液晶一体型のiMac,iMacProしか選択肢がないのでデスクトップ向けのCPUとGPUを備えた拡張性のあるマシンはHackintoshするしかありません.なので自由にハードウェアをアップデートできる自作マシンでmacOSが使えるといいなあ,という夢

後述しますがAMDのGPUがネイティブサポートされて安定したのが大きいですね.

構成

Intel CPU Core i7-8700K 3.7GHz 12Mキャッシュ 6コア/12スレッド LGA1151 BX80684I78700K

GIGABYTE Z370M D3H M-ATX マザーボード [Intel Z370チップセット搭載] MB4163

サイズ オリジナルCPUクーラー 虎徹 Mark II

HIS AMD RADEON RX480搭載ビデオカード HS-480R8LCNR オーバークロックモデル

TeamGroup 16ギガバイトシングル(1 X 16ギガバイト)DDR4 2133 MHzのDIMM 288ピンデスクトップメモリ​​RAM - TED416G2133C1501 x2枚

RAIJINTEK MicroATXケース

Samsung SSD 250GB 960EVO M.2

www.bitcoin20xx.xyz

導入方法

macマシンでmacosxのインストールメディアを作成する.

sudo /Applications/Install macOS High Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/yourUSBmemory

Clover EFI bootloaderを使ってusbメモリにBootloaderをinstallする.

sourceforge.net

適当にポチポチインストールを進めるとUEFI用になってなかったのでcustomizeを選択してUFFI用にチェックボックスを設定します.

f:id:gaming20xx:20180805002148p:plain

また,pkgなのでインストール後にゴミ箱に突っ込むか聞かれますが,このインストーラーはHackintoshにmacosをインストールしたあと,SSD単体でbootできるようにSSDへインストールするため,ゴミ箱へは入れずUSBメモリの適当な場所へコピーしておくとあとで楽です.

また,config.plistによる機種の設定ですが,このリンクからz370向けの設定ファイルがダウンロードできるので,これにSMBIOSの設定を少し追加するだけでした.

EFIにアクセスするためのマウントですが,Clover Configuratorというアプリを利用するとGUIでEFIのマウントや,編集ができて楽です.

mackie100projects.altervista.org

Clover Configurator.appもあとで使うのでUSBメモリにコピーしておきました.

これでHackintoshインストールメディアができあがりました.USBメモリからbootし,macosをインストールします.

インストール中に再起動がありますが,Cloverでブートローダーが入っていないため,usbメモリからCloverを起動してからインストール中のドライブを選択してください.

 インストール後

macがインストールできたあとの細々とした設定ですが,まずSSD単体でbootできるように,Clover EFI bootloaderでブートローダーをSSDにインストールしたあと,Clover ConfiguratorでEFIをマウントし,USBインストールメディアに入れたものをまるまるコピーしました.

FakeCPUIDとProcessorのUnknownについて

f:id:gaming20xx:20180804234130p:plain

FakeCPUIDの設定は不要になったようなのでしていません.

ProcessorのUnknown表示については

[Success] GIGABYTE Z370 Gaming 7 + Intel Core i7-8700K + RX 580 + (2x) Dell P2715Q 4k @ 60Hz | tonymacx86.com

を見ると8700k表示となっているものはUnknownCPUKindのString値を書き換えているだけなようなので,見た目の問題なので放置しました.

もし表記にこだわるのなら上記リンクを読んでみてください.

ちなみに上記リンクの投稿のpcケースがめちゃめちゃMacっぽいケースを採用していてかっこいいので覗いてみてください.

Phanteks Enthoo Evolvを使っているようです.

GPUについて

macOS 10.13.4 High SierraあたりからeGPUのサポートと共に,AMDのPolarisとVEGAがネイティブサポートされるようになりました.

support.apple.com

nvidiaやiGPUを使う際にはkextをいれる必要がありますが,上記のAMDGPUならバニラな状態で動作します.DaVinchi Resolveで認識されることを確認しました.

Bluetoothデバイス

マウスやキーボードのBluetoothデバイスですが,USBドングルが動作したので接続できました.

Shop-Riez Bluetooth USB Version 4.0 ドングル USBアダプタ Windows10/Windows8/Windows7/Vistaに対応(Macに非対応)

(Mac非対応の記載がありますが....)

音を出す

sourceforge.net

VoodooHDAというkextを入れることで簡単に緑の3.5mmプラグから音が出ました.

設定にアイコンが追加され音量調整ができるようになります.

f:id:gaming20xx:20180805014638p:plain

しかし音質はよくないようなので,dawなどで音楽関係の趣味,仕事に使う場合はkextに頼るよりusbオーディオインターフェースを接続するのがよいようです.楽器やマイクを接続するような人はあると思いますが...

簡単なものだとこんなのを接続しておくといいと思います.

Creative Sound Blaster Play! 3 USB オーディオ インターフェース 最大 24bit/96kHz ハイレゾ再生 SB-PLAY3
クリエイティブ・メディア (2017-04-14)
売り上げランキング: 1,327

Kext Updater.app

profdrluigi / kextupdater / Downloads — Bitbucket

Kext Updater.appは最新版のKextを探してダウンロードしてくれます.

デスクトップにダウンロードされるのでKextを入れ替えましょう.

ベンチマーク

f:id:gaming20xx:20180804233933p:plain

CPUベンチマークの結果です.5GHz動作のものです.黒いゴミ箱よりいい値を出しているので大満足ですね.

 

以上が僕のHackintosh導入した夢でした.

AMDGPUのネイティブサポートとFAKECPUがいらない上にClover EFI bootloaderを挟んでbootしマザボ関連のketxを適応しているだけなのでほぼそのままのmacosで安定しています.インストール直後は勝手に再起動することがありましたがなぜか勝手になくなりました.

これでxcodeのiosシュミレーターでのデバックやraw現像,動画編集などが快適にできるいい夢が見れますね.

 

8700kでHackintoshしている投稿

www.tonymacx86.com

www.tonymacx86.com

www.tonymacx86.com